NEWSお知らせ

2022.11.17 / ニュース

森の事件簿

自然観察路の巡視中に、鳥の羽が散乱している現場に遭遇しました。

大きさや色模様から、アオバトの羽だとわかります。

また、翅の散らばりかたや抜かれかたから、肉食の哺乳類によるものではなく

猛禽類(肉食の鳥類)によるものだということもわかります。

 

 

五色台には何種類かの猛禽類が生息しているのですが、状況証拠からオオタカか

ハヤブサに捕らえられ、この場所で羽をむしられたものと推理しました。

 

羽の一部をビジターセンターに持ち帰って展示してありますので、

ぜひご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ一覧ページに戻る